91 post categorizzati come "日記・コラム・つぶやき"

27/09/09

ローマから

ローマから


手元には先週届いてたんですが…………ローマのまみさん(サイト:仕事のできないホテルウーマン)から、イタリアの雑誌が届きました。(いつもありがとうございます>まみさん)


少し前の雑誌になるんで、旬の話題とはいいがたいんですが、気になったのはアルキブジの新作”Questione di cuore ”。キム・ロッシとアルバネーゼって組み合わせからして、想像ができないwobbly........だから、ものすごく観たい!

アルキブジの作品は、派手さはないけれど、人物や心情の描写が丁寧なので、好きな作品も多いです。数本に1本は一般公開もされているのに、あまりDVDにならなかったりするのが残念なのですが。

この作品も、映画祭などをきっかけに日本に入ってこないかなあ。

Questione di cuore :IMDb
ロケ地は、トスカーナのポルト・エルコレ


この見開きとなりのページには、『ジョヴァンナのパパ』の公開が決まっているプーピ・アヴァーティの新作が紹介されていました。こちらは、ロ・カーショやディエゴ・アバタントゥオーノ、ネリ・マルコレが名を連ねています。

Gli amici del bar Margherita:IMDb
ロケ地は、ボローニャとピエモンテのクネオ



ブックマークに追加する


| | Commenti (0) | TrackBack (0)

15/08/09

北海道に行ってきました。

Orologio

なんか、タイトル、ありふれたお土産のクッキーみたいになってますけど。


毎年、旧盆の時期は地元なんで、夏の旅行は週をずらして。今年は、早めの夏休みでした。北海道では、旭川、小樽、札幌へ。

写真は、札幌の時計台の中に展示されている機械時計を裏側から。


| | Commenti (0) | TrackBack (0)

04/06/09

ローマから

vincere


ローマのまみさん(サイト:仕事のできないホテルウーマン)から、イタリアの雑誌が届きました。まみさん、いつもありがとう!

ざっと見た感じでは、彼の地でも『天使と悪魔』は話題作のよう。まあ、ヴァチカンのお膝元ともなれば、日本とは違った側面からも話題になるのでしょうね。

また、時期的に、カンヌ関連にページが割かれていますね。記事も広告もベロッキオの新作・Vincere(参考:カンヌ映画祭のイタリア映画)が目を惹きます。これも、「イル・ディーヴォ」同様、鑑賞前に予備知識を入れておいた方がいいタイプかな。1、2年のうちに日本でも観られることを期待しています。



ブックマークに追加する


| | Commenti (0) | TrackBack (0)

21/05/09

Blu-rayレコーダー買いました。

先週末、Blu-rayレコーダーを買いました。DIGAです。500GBです。でも、まだソフトは買ってないので、もっぱらTV番組の録画と編集機能を試しているだけなんですけれど。

今まで使っていたDVDレコーダーは、6~7年使ったかな。別に壊れたわけでもないし、機能に大きな不満はないんですけれど、DVD特にRW使用時に時々不具合があるので、容量とチューナー(アナログだしね)のことを考えて、Blu-rayレコーダー購入に踏み切りました。

ダブルチューナーだし、オートチャプターもほぼ正確だし、操作もカンタン。基本的な部分では満足してます。

Continua a leggere "Blu-rayレコーダー買いました。"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/02/09

祝!10周年

Il_drago_400


CinemaItaliaトップページの左下にあるsinceの文字。それに連なる日付が、気づけば10年も前のものになっていました。早いものですね。昨日、2月10日にCinemaItaliaは開設10周年を迎えたことになります。

ネットの片隅で、イタリア映画サイトという隙間産業的なサイトを続けてこられたのも、アクセスしてくださる皆様あってのことと、感謝しております。


というわけで、10周年特別企画……という大げさなものは、アイデアもなく時間もないので、ほんのちょっぴり、10年前を思い出して、写真をアップしてみました。↑↑


Continua a leggere "祝!10周年"

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

27/12/08

2009年のカレンダーを購入

2009calendar


いろいろ迷ったあげく、オーソドックスなウォールタイプのカレンダーに落ち着きました。Italy 2009 Calendarという月めくりタイプのもので、月ごとにイタリア各地の風景が。表紙はヴェネツィアです。

最後まで迷っていたのは、日めくりタイプのItaly 2009 Calendar。サイズがもう少し大きければ、こちらを選んでいたと思います。

Italy 2009 Calendar


Continua a leggere "2009年のカレンダーを購入"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

2008年のカレンダー:12月

marche


365 days in Italy、最後のカレンダーは、マルケ州です。ここまでくると、さすがに、観光地やロケ地としてなじみのあるところがありません。集められている写真も、普段着のイタリアの街という感じです。

=====================================

やっと、来年のカレンダーを買いました!どれを選んだかは、次のエントリで。

=====================================

→ 2009年 イタリアカレンダー @イタリア書房
→ 2009年 イタリアカレンダー @Amazon

ブックマークに追加する

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

11/12/08

ワイン、届きました。

ワイン、届きました。

注文してあったワインが届きました。キャンティです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/11/08

公衆電話とジェットーネ

Telefono

先日、アクセス解析を見ていて、見慣れないアクセス元のURLを発見。まあ、大抵は相互にリンクしていない場合でも、映画関連やイタリア関連のリンクページから、リンクを辿ってCinemaItaliaへたどり着いているケースがほとんどなんですが、なんかちょっとそういう感じではなくて。気になるのでリンク元に飛んでみました。

たどり着いたのは、「つれづれなるまま煮」という日記のページで、1月14日の日記のジェットーネの話題から、CinemaItaliaへのリンクが。そうか、ジェットーネね。


Continua a leggere "公衆電話とジェットーネ"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

27/11/08

ローマから

romafilmfes

ローマのまみさん(サイト:仕事のできないホテルウーマン)から、秋の便りが届きました。happy01 いつもありがとうございます>まみさん

今回は、ローマ国際映画祭を特集した雑誌(写真左)に加え、マーケットの資料(写真右)なんていうレアなものまでありまして、ありがたいのなんの。公式サイトなどでも情報は拾えますが、紙媒体の資料はいろいろと使い勝手がいいですし。

雑誌での扱いを見ると、やはりコンペ作品中心で、中でも”L'UOMO CHE AMA”や”IL PASSATO E UNA TERRA STRANIERA”が注目されているよう。

また、マーケットの資料の方は、当然ながら、映画祭出品作以外の作品も多数掲載されていて、いくつか気になる作品がありました。この中からも、DVD発売とかCSでの放映とか、そんな形ででも、日本に入ってくる作品が1本でもあれば、いいですね。

Continua a leggere "ローマから"

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧