« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/26~11/2 | Principale | 11月のイタリア/イタリアロケ映画@TV »

29/10/08

『8月のランチ』 Pranzo di Ferragosto:東京国際映画祭

今年の東京国際映画祭は、なんだか都合がつかなくて、最終日に1本だけ観てきました。鑑賞したのは『8月のランチ』です。

舞台となるのは、真夏のローマ。ヴァカンツァのシーズンで閑散とした街と、中年のジャンニが老いた母親と2人で暮らすアパートで、ストーリーが展開します。

ちょっとしたきっかけから、大家さんの母親を預かることになったジャンニ。だが、約束の時間に大家さんが連れてきたのは、母親と叔母の2人で、押し切られるように2人を預かることになってしまう。気がつけば、知り合いの医者の母親も預かることになり、母親を含め、4人の老女の面倒をみることになってしまった。

薬の時間や食事制限を気にしてあげたり、わがままをきいてあげたり、4人のパワーに圧倒されながら翻弄されるジャンニが滑稽で、笑いながらも同情してしまう。たいへんな状況も、明日の昼までのことと割り切ってしまっているのか、もともと面倒見がいいからなのか、ジャンニは部屋から部屋へと動き回る。

「妻を尊重し、愛人を甘やかす。でも、最愛の女性はマンマひとり」とまで言われるイタリア男たちが、マンマの面倒をジャンニに頼んでまで仕事やヴァカンツァにでかけるのは、疑問に感じたが、「年老いたマンマを1人で留守番させる」という選択肢を考えられなかった結果だとしたら、それはやはり、マンマを大切に思っているからなのだろう。

老女たちはといえば、1日目こそ遠慮がちだったものの、一夜明けると打ち解け、話も弾み始める。一緒に食卓を囲む最後のランチが、聖母被昇天祭の日だったこともあり、準備の話で盛り上がる4人。その状況は、プチ老人ホーム状態だ。

「できるだけ顔を合わせたくない」「テレビを見ていてくれればお相手しなくて済む」と、ジャンニの母親がこぼしていたように、最初のうちは、煩わしさや気まずさから、互いに関わろうとしなかった4人だが、きっかけさえあれば話が弾む関係になる。この流れの中に見えるものは、子ども世代・孫世代とは、気を遣いながら話したり、普段は同年代の話し相手や友だちがなく、寂しい思いをしたりしている人たちなのだろうということ。都市部の老人の日常は意外と孤独なのだ。

最後のシーン、医者の母であるグラツィアの願いを、ジャンニが聞き入れたのは、差し出されたお金が理由ではなく、彼女の切実そうな目を見てしまったからではないか。

主人公・ジャンニの”受難”の2日間という感じのコメディ作品で、観ているときは楽しく、観終わった後も暖かい気持ちになるのだが、思い返すと、老人の抱えるどうしようもない孤独感が押し寄せてくる作品。

エンドロール、ランチの後ダンスをする老女たちの楽しそうな姿に、少し救われた感がある。


製作 / 2008 イタリア
監督 / ジャンニ・ディ・グレゴリオ
キャスト / ジャンニ・ディ・グレゴリオ、ヴァレーリア・デ・フランチシス、マリーナ・カッチョッティ

IMDb

公式サイト

ロケ地:ローマ


【ティーチイン--10/26】
以下は、ティーチインの際の監督の発言をまとめたものです。

・実際のエピソードから着想
2000年頃に、「家賃の一部を免除するから、母を預かってくれないか」という大家からの申し出を経験。その時は、引き受けることなく終わったのだが、「もし、引き受けていたら、どうなっただろうか」と想像するところから、この作品が生まれたのだそうだ。

・キュートなおばあちゃんたち
本作中に登場する4人のおばあちゃんたちは、すべて今回が初出演・初演技、つまり、素人の起用だ。1人は監督の叔母、1人は家族の友人、あとの2人(マリア、マリーナ)は老人ホームで募集した。募集には100名ほどの応募があったという。

・演技指導は不可能
撮影初日に、4人に演技指導をすることは、不可能なことに気づいたという監督。脚本もカメラワークも、打ち合わせどおりにいかないことが多かったという。また、彼女たちが語る思い出話などの中には、脚本にはなかったエピソード(=彼女たち本人のエピソード)もあるそうだ。また、実際4人の顔合わせも撮影当日だったそうで、最初のよそよそしい関係から、後半の打ち解けた雰囲気への変化は、演技によるものだけではなかったのかもしれない。

・撮影前と撮影後で
「食事はちゃんとしてる?」「飲み過ぎないようにね」と、毎晩のように4人の誰かから電話がかかってくるようになったそう。監督いわく「母親が4人になったみたいだ」そう。


他にもいろいろと話していましたが、記憶力の限界。また思い出したら追記するかも。

ブックマークに追加する


|

« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/26~11/2 | Principale | 11月のイタリア/イタリアロケ映画@TV »

「イタリア映画-作品」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/42941829

Di seguito i weblog con link a 『8月のランチ』 Pranzo di Ferragosto:東京国際映画祭:

« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/26~11/2 | Principale | 11月のイタリア/イタリアロケ映画@TV »