« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/20~10/26 | Principale | 2009年公開予定:湖のほとりで La ragazza del lago »

20/10/08

ダイアリー

cinemadove

先日のカレンダー関連のエントリで、「カレンダーの購入って迷いますよね」というコメントをいただきました。そうなんですよねー。

返答の中でも触れていますが、壁に貼るタイプの観賞用(?)のカレンダーと、PC横に置けるような予定を書き込める卓上型のカレンダーと、まあバリエーションはそれぐらいで、それ以上は何種類も買うものじゃないですよね、多分。

しかも、卓上用はもらい物で済ませている確率も高いという現実(汗)

ところで、最近第3のカテゴリ(大げさ)として注目しているのがダイアリー。

 

よくあるビジネス向けのデスクダイアリーは、実用性重視で味気ないものがほとんど。Moleskin とか、Quo Vadis なんていうのはその中でもスマートな方だと思うけれど、やはり使い勝手がよいっていうことを重視していますよね。当たり前ですが。

でも、そういうダイアリーとかプランナーの中には、ミュージアムショップで販売されているような、写真や絵画を中心に構成したおしゃれなものもあるんですよね。

昨年、迷った末買い逃したのはこのタイプ。この種のダイアリーをレシピスタンドに立てて飾ったら、観賞用兼予定表カレンダーとして、一年間活躍してくれるんじゃないかと期待したわけです。

でも、このタイプって通常のカレンダーに比べて、チョイスが限られているのが難点。2009年のものを探したら、毎年出ているフランシス・メイズ(『トスカーナの休日』の原作者)のものしか見つかりませんでした。探し方が悪いのかもしれませんが。

以前、ローマのまみさん(サイト:仕事のできないホテルウーマン)から素敵なダイアリーをいただいたことがあって、日本でもこういった感じのものが手に入らないかと探しているんですが、なかなか。

写真は、その素敵なダイアリーの1ページ。Cinemadoveというシリーズのダイアリーで、電話にまつわるシーンを集めた2003年版の10月最終週のページ、『雨上がりの駅で(Compagna di viaggio)』のアーシア・アルジェントです。

このシリーズのダイアリーは、毎年あるテーマに沿ったシーンを様々な映画からピックアップして、1冊のダイアリーにしてあります。対象となっている映画はイタリア映画ばかりではありませんが、それでも数々のイタリア映画が顔を出しています。


ブックマークに追加する


|

« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/20~10/26 | Principale | 2009年公開予定:湖のほとりで La ragazza del lago »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/42847182

Di seguito i weblog con link a ダイアリー:

« 今週のイタリア・イタリアロケ映画--10/20~10/26 | Principale | 2009年公開予定:湖のほとりで La ragazza del lago »