« aprile 2008 | Principale | giugno 2008 »

26/05/08

グランプリ&審査員賞

カンヌ映画祭が閉幕し、パルムドールを初めとする各賞の発表がありました。イタリア勢の受賞結果は以下のとおり。

グランプリ:“Gomorra” マッテオ・ガローネ監督
       IMDb
審査員賞:“Il Divo”   パオロ・ソレンティーノ監督
       IMDb


「パルムドール候補か?」とも噂されていた2本ですが、残念ながらパルムドールは、他の作品に。それでも、グランプリと審査員賞ですから、評価が高かったということだと思います。ただ、題材が題材なんで、この受賞が日本での一般公開に繋がるかどうかは……どうでしょうねえ?



ブックマークに追加する

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

17/05/08

カンヌのイタリア映画・2

それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~前回の記事(カンヌのイタリア映画)以降に発表された(気が付いた?)作品があったので、付け加えて。

オフィシャルセレクション

  • Palermo Shooting
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    出演:ジョヴァンナ・メッゾジョルノ
    IMDb
  • 写真家である主人公がデュッセルドルフからパレルモまで旅をする話のようです。メッゾジョルノは主演でもなんでもないんですが、キャストの中で知っているイタリア勢が彼女だけだったので、一応。他には、デニス・ホッパーとか、ルー・リードとか、パティ・スミスとか、ミラ・ジョヴォヴィッチとか本人として登場する有名どころもちらほら。

    参考:Wim Wenders Unofficial Fansite Blog:The Palermo Shooting


    Continua a leggere "カンヌのイタリア映画・2"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    16/05/08

    Boun Appetito LA CITTADELLA!!

    マルチェロ・マストロヤンニ川崎のラ・チッタデッラで開催されるイベントで、イタリア映画の上映があります。

    ・マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶/ワイン付特別上映会
      6/2(月) 19:00 川崎・クラブチッタ

    昨年一般公開され、10月にはDVDリリースも予定されている『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』の特別上映会があります。何が特別って、ワイン付きなんですよ。ちょっと変わってますね。ペアチケットだと、なんとフルボトル1本付くという(凄)。 えーっと、でもこういうストーリーのない作品の場合、ある程度の集中力がないと、ひたすらぼんやりとスクリーンを眺めてしまいそうです、私の場合。


    Continua a leggere "Boun Appetito LA CITTADELLA!!"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    08/05/08

    2008/5月発売のDVD

    8 1/2 愛蔵版5/23 シルク ( DVD
    5/29 パンと恋と夢 (DVD
    5/29 自転車泥棒 (DVD
    5/30 題名のない子守唄 (DVD
    5/31 8 1/2 (DVD

    5月は新作2本を含む5本のリリース。

    新作は、『シルク』とトルナトーレの『題名のない子守唄』で、これは昨年と今年初めに公開された作品です。『シルク』の方は、公開からDVD化までの間隔が随分短いですね。

    さて、今月の注目はなんといっても『8 1/2』のDVD発売ではないでしょうか。

    Continua a leggere "2008/5月発売のDVD"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    イタリア映画祭閉幕

    Fellini's Book of Dreams恒例のイタリア映画祭も無事終了。お疲れさまでした > 皆々様。 今年は、長編12本のうち特別上映の2本を除いて10本と、短編4本を鑑賞。

    全体的な感想は、突出した作品はないけれど、それぞれの作品は良質で、どの作品も見ごたえがあったように思います。また、今回は、表層のストーリーやモチーフと、実質的なテーマが違っている(あるいは、複数盛り込まれている)作品が何本かあり、観る前の予想を軽く裏切られたりもしました。期待していたのと、ちょっと違うなあという思い。それでも、おもしろくないわけではなく、むしろ、どれも甲乙つけがたいおもしろさでした。

    Continua a leggere "イタリア映画祭閉幕"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    04/05/08

    『湖のほとりで』 La ragazza del lago

    湖のほとりで [DVD]

    小さな村で起こった殺人事件の話ということで、ミステリー作品かと期待していましたが、謎解きの楽しさを味わうようなつくりの作品ではありませんでした。

    事件は意外にもあっさりと解決し、アンナの抱えていた苦悩も、限られた時間の中でとった行動も、諦念の理由も、掘り下げられることなく終わります。

    Continua a leggere "『湖のほとりで』 La ragazza del lago"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    03/05/08

    『対角に土星』 Saturno contro

    タイトルから想像したように、"試練を乗り換えた後の安定"が、テーマ。加えて、星占いマニアの女性がタイトルのフレーズを口にします。

    夫婦や同性愛者のカップルに新しい友人を加えて9人のグループ。集まってディナーをしたり、一緒に禁煙のセミナーを受けたり、時には旅行したり。会話の端々から、そのうちの何人かは10~20年ほどの長い付き合いであることが伺えます。

    仲が良くても長い付き合いの間には、本音を出さなくなっていたり、信頼しあっているはずなのに隠し事したり。そんなお互いの変化が、2つの出来事をきっかけに露呈してしまい、ある者はうろたえ、ある者は逃げ出そうとし、ある者は自分の気持ちをぶつけ、9人の関係は破綻しそうになるのですが……。

    Continua a leggere "『対角に土星』 Saturno contro"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    02/05/08

    イタリア映画祭開幕

    イタリア映画祭開幕
    恒例のイタリア映画祭が始まりました。私もさっそく、昨日、1本目を観てきました。

    今年も私はパスポートで参加なんですが、今年は常連さんたちからパスポートが取れなかったという声を聞きます。やはり、200→50枚は、減らし過ぎじゃないかと。

    ただ、全席指定になったことで、入場はすごく楽になりました。席も見やすい位置だったのでよかった。

    画像は、今年のカタログとパスポート。

    『まなざしの長さをはかって』のヴァレンティーナ・ロドヴィーニですが、なんとなく、ジョヴァンナ・メッゾジョルノに似てると思うのは、私だけ?

    Continua a leggere "イタリア映画祭開幕"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    « aprile 2008 | Principale | giugno 2008 »