« [鑑賞前メモ] ひばり農園 | Principale | 来日ゲスト追加 »

19/04/08

[鑑賞前メモ] 対角に土星

対角に土星/Saturno contro

来日が予定されているフェルザン・オズペテク監督の作品。

なにやら占星術の用語のようなタイトルの本作。前作『聖なる心』は、今までの一連の作品とはテイストが違っていて戸惑いましたが、今回は、ステファノ・アッコルシ、マルゲリータ・ブイなど『無邪気な妖精たち』にも出演しているメンバーも含めて、40代前後(いわゆるAround 40?)の男女の群像劇。

20代、30代の頃とは、環境も人間関係も変化したあと、お互いがお互いに対してどのような感情を抱き、どのように接していくのか。

40代あたりの変化って、20代前後のそれと比べて、あんまりドラマチックでもロマンチックでもないだろうし、それどころか、重いものも増えてくるわけだから、単純にそれを盛り込んだところで、映画としてはあまり魅力的には思えない。そこを、オズペテク監督はどう料理するのか、観てみたい。ただ、期待値は低め。

お気に入りの、アッコルシやマルゲリータ・ブイに心惹かれ、セッラ・イルマズの存在感に少しポイントを付けた程度です。

ところで、タイトルがやはり気になるので、ざっと検索してみました。大雑把に把握したところによると、占星術で土星が象徴する/司るものは、”試練”そして”試練を乗り越えた後の安定”。対角(衝/オポジション)というのは緊張状態を表す位置関係で、一般的には凶角。土星と対角を成すのが、ホロスコープ上のどの惑星/星座なのかということで、解釈がいろいろと生まれてくるわけです。

タイトルが占星術から付けられたものだとして、「40代前後の男女に訪れる試練と、それを乗り越えた末の安定」というのが、テーマなのかな?


監督:フェルザン・オズペテク
出演:マルゲリータ・ブイ、ステファノ・アッコルシ、アンブラ・アンジョリーニ
ロケ地:ローマ

IMDb
cinecitta.news
公式サイト
公式サイト(スペイン語)
フェルザン・オズペテク 公式サイト


イタリア版DVD

サントラ:

B000NI3GN2Saturno Contro Ost
Various
Sony

by G-Tools



ブックマークに追加する

|

« [鑑賞前メモ] ひばり農園 | Principale | 来日ゲスト追加 »

「イタリア映画-作品」カテゴリの記事

イタリア映画祭2008」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/40874766

Di seguito i weblog con link a [鑑賞前メモ] 対角に土星:

« [鑑賞前メモ] ひばり農園 | Principale | 来日ゲスト追加 »