« イタリア映画の傑作100選 | Principale | パスポートを予約 »

13/03/08

シチリア旅行の本

Sicilia-guide
先日、ヴェネツィア旅行の時の本について書いたので、遡って、前のシチリア旅行の時の本についても覚え書き程度に。

シチリアは、初めてだったし、子連れでイタリアも初めてだったので、いつもより念入りに情報を探したんですが、ガイドブック類は4大都市などと比べて、かなり限られています。

基本の旅行情報は、「ロンリープラネット」と「地球の歩き方」がメイン。ことシチリアに関しては、お気に入りの「わがまま歩き」は情報が薄くて、役に立ちませんでした。

その他、参考にしたのは、写真の4冊。

イタリア美術鑑賞紀行』は、もう私のイタリア旅行の定番。美術鑑賞には欠かせません。

シチリアへ行きたい』は、CinemaItaliaの複数の常連さんから推薦された1冊。シチリアの要所要所が詳しい解説と写真で紹介されています。この本を見ていなければ、サンタ・チータ祈祷堂には立ち寄らなかったと思います。サンタ・チータ祈祷堂は小規模ながら、無数の天使たちのレリーフで囲まれた真っ白で静謐な空間が印象的でした。

シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅』は、表紙に惹かれて購入したものの、実は、あまり役に立たなかった本。子連れで、公共の交通機関利用での旅行と、筆者の、大人だけで車で移動する旅行スタイルとが、違い過ぎていたせいでしょう。読み物としては、おもしろいし、写真も綺麗なんですけどね。

ワールド・ミステリー・ツアー イタリア篇』は、タイトルどおり、ミステリアスな事象について書かれている本。バゲリーアの怪物屋敷とか、パレルモの生きているような姿のミイラとか、少々マニアックなスポットが詳しく紹介されています。特にバゲリーアの屋敷については、建設当時に正面だった庭園のような部分が宅地開発などで消失してしまい、現在、入り口として使用しているのは、当時の裏口であるという話など、興味深い話が多々書かれています。


この時のシチリア旅行では、パレルモに滞在し、日帰りでパラッツォ・アドリアーノ、チェファルー、バゲリーア、モンレアーレへ足を伸ばしました。

今度は機会があれば、タオルミーナとかアグリジェントとか、南の方へ行ってみたいなあ。

|

« イタリア映画の傑作100選 | Principale | パスポートを予約 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/40460905

Di seguito i weblog con link a シチリア旅行の本:

« イタリア映画の傑作100選 | Principale | パスポートを予約 »