« 映画祭のチラシ | Principale | シチリア旅行の本 »

08/03/08

イタリア映画の傑作100選

無防備都市ヴェネツィア映画祭の企画・Venice Days/le Giornate degli Autoriでの上映を目的として、映画祭主催者が100本の映画を選出したそうです。

ソース:Variety Japan

若い世代にイタリア映画の傑作を、ということなので対象となっているのは、1942年から1978年までの作品。ところが、選出された作品の中に、女性監督の作品がないことから「差別ではないか」との声も上がっているらしいです。

ともあれ、気になるのは、その100本がどんな顔ぶれなのかということ。リストになっているものがないか、探してみました。

Cinemalia.it:I cento film da salvare

リンク先のCinemalia.itに、100本のタイトルと、監督名、製作年のリストがあったんですが、これだと分かりにくいので、邦題との対照表を作ってみました。邦題は、劇場公開・TV放映・ビデオ/DVD発売、いずれかの際のタイトルです(「」の邦題は、2001年~2002年に開催された”イタリア映画大回顧”での上映時のタイトルです)。

Cronaca di un amore 『ある愛の記録』
Il grido 『さすらい』
L'eclisse 太陽はひとりぼっち
I pugni in tasca 『ポケットの中の握り拳』
La Cina è vicina  
Nel nome del padre  
Il conformista 『暗殺の森』
Novecento 『1900年』
Quattro passi tra le nuvole 『雲の中の散歩』
Prima comunione  
Arrangiatevi!  
Il bell'Antonio 『汚れなき抱擁』
La città dolente  
Chi lavora è perduto  
Pane e cioccolata  
Leoni al sole  
Due soldi di speranza 『2ペンスの希望』
Pane amore e fantasia 『パンと恋と夢』
Tutti a casa  
Lo scopone scientifico  
Una donna libera  
Napoletani a Milano  
Riso amaro 『にがい米』
Diario di un maestro  
I documentari di De Seta  
Sciuscià 『靴みがき』
Ladri di biciclette 『自転車泥棒』
Miracolo a Milano 『ミラノの奇蹟』
Umberto D 『ウンベルトD』
L'oro di Napoli  
Don Camillo 『陽気なドン・カミロ』
Una domenica d'agosto  
La famiglia Passaguai  
Lo sceicco bianco 『白い酋長』
I vitelloni 『青春群像』
La strada 『道』
Le notti di Cabiria 『カビリアの夜』
La dolce vita 甘い生活
Otto e mezzo 8 1/2
Amarcord アマルコルド
La donna scimmia 「猿女 」
Dillinger è morto  
L'udienza  
Cielo sulla palude 「沼の上の空」
Il cammino della speranza 『越境者』
Divorzio all'italiana イタリア式離婚狂想曲
Signore e signori 『蜜がいっぱい』
Carosello napoletano 『ナポリの饗宴』
Febbre di vivere  
Il Mafioso  
La spiaggia 『海岸』
Luci del varietà 『寄席の脚光』
La vita agra  
Banditi a Milano 『ミラノの銀行強盗』
Gli sbandati 『逃亡者』
Catene  
Guardie e ladri  
Un eroe dei nostri tempi 「現代の英雄」
I soliti ignoti  
La grande guerra 『戦争・はだかの兵隊』
Un borghese piccolo piccolo  
Il posto  
L'albero degli zoccoli 『木靴の樹』
Accattone 『アッカトーネ』
Comizi d'amore 『愛の集会』
Uccellacci e uccellini 『大きな鳥と小さな鳥』
Indagine su un cittadino... 『殺人捜査』
Il sole negli occhi 『眼の中の太陽』
Io la conoscevo bene 『私は彼女をよく知っていた』
La battaglia di Algeri 『アルジェの戦い』
Poveri ma belli  
Una vita difficile  
Il sorpasso 『追い越し野郎』
I mostri  
I magliari 『メリヤス売り』
Salvatore Giuliano 『シシリーの黒い霧』
Le mani sulla città 『都会を動かす手』
Il caso Mattei 『黒い砂漠』
Cadaveri eccellenti 『ローマに散る』
Roma città aperta 無防備都市
Paisà 戦火のかなた
Stromboli, terra di Dio 『ストロンボリ/神の土地』
Europa '51 『ヨーロッパ1951年』
Fantozzi 『ギャグ王世界一/ファントッツィ』
C'eravamo tanto amati 『あんなに愛しあったのに』
Una giornata particolare 特別な一日
La provinciale  
Totò a colori  
Un americano a Roma  
Padre padrone 父、パードレ・パドローネ
La lunga notte del '43 『残酷な夜』
Ossessione 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』
La terra trema 『揺れる大地』
Bellissima ベリッシマ
Senso 夏の嵐
Rocco e i suoi fratelli 『若者のすべて』
Il Gattopardo 山猫
L'onorevole Angelina  
L'arte di arrangiarsi  
Il medico della mutua  

なるほどー、と思うものもあれば、知らない作品もあり。日本公開されていない作品も結構ありますね。対象となる期間が違うせいもありますが、同じように過去の作品を50本あまり選出した”イタリア映画大回顧”とも、思ったほど重なっていないセレクション。眺めているだけでも興味深いです。

|

« 映画祭のチラシ | Principale | シチリア旅行の本 »

「イタリア映画-その他」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/40418857

Di seguito i weblog con link a イタリア映画の傑作100選:

« 映画祭のチラシ | Principale | シチリア旅行の本 »