« Kids Cinema 2007 | Principale | 2007/8月発売のDVD »

14/08/07

ミケランジェロ・アントニオーニ

アントニオーニ 存在の証明―映画作家が自身を語る (映画作家が自身を語る)愛の不毛を描いたイタリアの巨匠、アントニオーニ監督が7月30日に94歳で他界されたそうです。(って、フィリップ・ノワレのときに続いて、今頃知る私)

老いて益々意気盛んなイメージがあり、なんだか、こんなニュースを耳にする日など訪れないかのような錯覚をしていましたが、そんなことはあるはずもなく。

アントニオーニ作品は、それほど観てはいないのですが、『情事』も『太陽はひとりぼっち』も、モニカ・ヴィッティの物憂げな表情が強く印象に残っています。

また、同じ30日にスウェーデンのイングマール・ベルイマン監督もお亡くなりになったそうです。少し遅くなりましたが、映画界の巨匠2人のご冥福をお祈りします。

|

« Kids Cinema 2007 | Principale | 2007/8月発売のDVD »

「イタリア映画-その他」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/16108708

Di seguito i weblog con link a ミケランジェロ・アントニオーニ:

« Kids Cinema 2007 | Principale | 2007/8月発売のDVD »