« スクリーンの向こう側・第5回:『オンリー・ユー』(前編) | Principale | ご挨拶 »

28/12/05

スクリーンの向こう側・第5回:『オンリー・ユー』(後編)

前編から続く)

ポジターノに来たのには目的がありますから、リゾートを満喫するような光景ばかりというわけではないのですが、それでも、デイモンを探すプールの向こうにも、夕焼けを眺める部屋のテラスからも、ロマンチックな食事をするリストランテからも、明るい日差しの中コーヒーを飲むテラスからも、必ず海が見えます。

南イタリアの空の色を映し出すティレニア海は、スクリーンの主役ではありませんが、見る人に強い印象を残す名脇役ではないかと思います。この作品を見た後は、レ・シレヌーセに泊まって海を眺めて過ごすためだけに、ポジターノへ行ってもいいとさえ思えるほどですから。

ちなみに、このホテルの名前であるシレヌーセというのは、ギリシャ神話のセイレーンに由来しているのだそうです。船人たちを惑わす歌声を持つセイレーンが暮らす海。そんな海が目の前に広がっているのですから、打ち寄せる波の音を聴きながら、フェイスがいつにも増してロマンチストになって、かつての占いを信じきってしまったのも、攻められないことかもしれません。

ホテルと言えば、この『オンリー・ユー』ではヴェネツィアのダニエリ、ローマのペンシオーネ、ポジターノのレ・シレヌーセが登場するのですが、各ホテルのコンシェルジェやウエイターの対応の違いも、気にしてみてください。ステレオタイプな描写かもしれませんが、北と南の違いが些細なところにも描かれていておもしろいですよ。(ちなみに、レ・シレヌーセのコンシェルジェ役として登場するDomenico Pane氏は、本物のレ・シレヌーセの予約マネージャーさんなのだそうです。)

さて、フェイスは運命の人と巡りあい、結ばれるのでしょうか? ピッツバーグからポジターノまで追いかけて、彼女が手にしたものは?

ラスト間近、アリタリアのスタッフの粋な連係プレーはちょっと感動モノですので、お見逃しなく。(^^)

ベタな展開と言われれば否定できませんが(苦笑)、シンプルでテンポよく、楽しい作品ですので、気軽に楽しめる1本です。

--------------------------------------------------------

オンリー・ユー / Only you
製作 / 1994年 アメリカ [英語作品]
監督 / ノーマン・ジュイソン
キャスト / フェイス(マリサ・トメイ)、ピーター(ロバート・ダウニー・Jr)、ケイト(ボニー・ハント)、ジョヴァンニ(ジョアキム・デ・アルメイダ)
サントラ / Only You


B001QAYUNGオンリー・ユー [DVD]
ロバート・ダウニー, Jr, ボニー・ハント, マリサ・トメイ, ノーマン・ジェイソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18

by G-Tools


******************************************************************

今回Vite Italiaの高岡さんから、この作品に合わせて紹介されたワインは、旅するブドウ・マルヴァジアから作られたワインです。

イタリアに伝わってから旅をするように各地に根を下ろしてきたブドウ品種・マルヴァジア。それはまるで、イタリアを北から南まで旅したフェイスのような。

マルヴァジアがどのような道を辿ったのかは、2005/12/22のメルマガをご覧ください。

マルヴァジア ウルティマ・メッセ・フェルモ[2004] カミッロ・ドナーティ

マルヴァジア種のイタリアワイン

*******************************************************************

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

|

« スクリーンの向こう側・第5回:『オンリー・ユー』(前編) | Principale | ご挨拶 »

「彼女の恋した南イタリア」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/10186685

Di seguito i weblog con link a スクリーンの向こう側・第5回:『オンリー・ユー』(後編):

« スクリーンの向こう側・第5回:『オンリー・ユー』(前編) | Principale | ご挨拶 »