« Tredici a tavola~東京国際映画祭のイタリア映画 | Principale | こんどこそ携帯版スタート(BlogPet) »

31/07/05

ヴェネツィア映画祭2005-コンペ参加作品

今年のヴェネツィア映画祭の参加作品が発表されています。もうそんな季節。今年の開催期間は8/31~9/10で、イタリア勢は以下のとおり。

La seconda notte di nozze
監督:プーピ・アヴァーティ(「真夏の夜のダンス」、「心は彼方に」)
キャスト:アントニオ・アルバネーゼ(「聖アントニオと盗人たち」、「笑う男」)、ネリ・マルコレ(「心は彼方に」)


La bestia nel cuore 公式サイト
監督:クリスティーナ・コメンチーニ(「わたしの一番幸せな日」)
キャスト:ジョヴァンナ・メッゾジョルノ(「向かいの窓」)、ルイジ・ロ・カーショ(「ペッピーノの百歩」、「輝ける青春」、「わたしの一番幸せな日」)、ステファニア・ロッカ(「復活」)


I giorni dell'abbandono
監督:ロベルト・ファエンツァ
キャスト:マルゲリータ・ブイ(「もうひとつの世界」、「無邪気な妖精たち」)



この3本のほかに、フランスなどとの合作の作品が数本あるのですが、メインはイタリア以外の国の方らしく、監督・主要キャストともイタリア勢は絡んでいないようです。その中に1本だけ、イタリアロケ部分のある作品がありました。

Mary
監督:アベル・フェラーラ
キャスト:ジュリエット・ビノシュ、マシュー・モディーン、フォレスト・ウィッテカー
マグダラのマリアがキーポイントになっている話のようです。


他には、特集上映として「スクリーンに見るカサノヴァ」ということでフェリーニなどのカサノヴァ関連の4作品が上映されたり(でもアッコルシのはないんです (T_T))、パゾリーニのソドムが上映されたりと、旧作も10数本上映予定のようです。

今回は、顔ぶれからして「今後のイタリア映画祭で観られそう」と期待してしまうものの、お気に入りの俳優も監督もほとんど絡んでなくて「これ絶対観たい!」という強力な作品がないのが正直なところ。

ライオンの行方についてはあまり気にせずにいようかなと思っていたりして。

|

« Tredici a tavola~東京国際映画祭のイタリア映画 | Principale | こんどこそ携帯版スタート(BlogPet) »

「イタリア映画-その他」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/5238504

Di seguito i weblog con link a ヴェネツィア映画祭2005-コンペ参加作品:

« Tredici a tavola~東京国際映画祭のイタリア映画 | Principale | こんどこそ携帯版スタート(BlogPet) »