« 『スクリーンの向こう側』第2回:「親愛なる日記」(前編) | Principale | 逆アクセスランキングを復活させました。 »

11/05/05

『スクリーンの向こう側』第2回:「親愛なる日記」(後編)

前編から続く)

次々と島を移動していく中で映る青い海は美しいのですが、なぜか休日へと誘う強烈な魅力は感じられません。むしろ、サッカーグラウンドのすぐ奥にも手前にも広がる海を見ると、狭い陸地に立っていることに対する言いようのない不安を感じます。荒涼とした岩肌のストロンボリの火山も然り。

そこにあるのは、美しいと愛でていればよいだけの自然ではなく、押し寄せてくるような力強さと厳しさをも合わせ持った自然です。

さて、モレッティは5つ目のアリクーディ島で、ようやく静寂を手に入れます。脚本はどうなるのでしょうか。

モレッティとの島めぐりは、結果として「巡る」ことになってしまっただけであって、最初から意図していたものではありませんでしたし、ヴァカンツアや観光を疑似体験するような楽しさはありません。現実をデフォルメしているにしても、描かれているのは、良かれと信じて盲目的に行動することの滑稽さです。

とはいえ、観光用に美化されていない島の素顔を、垣間見ることができるのは確か。観光客として訪れただけでは見えてこない何かが、モレッティの日記の世界に、スクリーンの向こう側に広がっています。

ところで、一番好きなシーンは?

モレッティが島から沖を眺めているときに、通った船が、まるで陸をすべっていくように見えるシーンです。海面が見えていないので、本当に陸の上を進んでいるように船が通ります。そこが島であることを実感させる風景で、とても印象的です。

どの島を訪れたときのシーンなのかは、みなさんの目で確かめてくださいね。

--------------------------------------------------------
親愛なる日記 / Caro diario

製作 / 1993年 イタリア・フランス
監督 / ナンニ・モレッティ
キャスト /モレッティ(ナンニ・モレッティ)、ジェラルド(レナート・カルペンティエーリ)

DVD
親愛なる日記
親愛なる日記


****************************************************************

今回この文章を書くにあたって、パンフを引っぱりだしてきて読み返していたら、なんと! 作品中で登場する映画評論家役は、カルロ・マッツァクラーティなんです!! 「聖アントニオと盗人たち」「虎をめぐる冒険」「愛はふたたび」など、イタリア映画祭では常連の監督。うーん、マッツァクラーティが登場していたとは、今まで気づいてませんでした。


****************************************************************
今回、Vite Italiaの高岡さんからのオススメワインは、エオリエ諸島のリパリ島で生産されている希少ワイン。

マルヴァジア・デッレ・リーパリ です。

マルバジア デッル リパーリ 1995 ハウナー 375ml
マルバジア デッル リパーリ 1995 ハウナー 375ml

ハーフボトルなのに¥4000という、なかなかよろしいお値段のデザートワインです。


おすすめの理由など、詳しいお話は4/28のメルマガの方でご覧になってくださいね。


***********************************************************************

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

|

« 『スクリーンの向こう側』第2回:「親愛なる日記」(前編) | Principale | 逆アクセスランキングを復活させました。 »

「彼女の恋した南イタリア」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/4517681

Di seguito i weblog con link a 『スクリーンの向こう側』第2回:「親愛なる日記」(後編):

« 『スクリーンの向こう側』第2回:「親愛なる日記」(前編) | Principale | 逆アクセスランキングを復活させました。 »