« gennaio 2005 | Principale | marzo 2005 »

28/02/05

2005/3月発売のDVD

赤い影
3/4  赤い影DVD
3/23 カストラート DVD
3/25 愛の勝利DVD
3/25 ミニミニ大作戦(69年)(DVD
3/25 HOTELDVD

---------------------------------------------------
3月の注目は、DVD化を要望する声も多かったという「赤い影」です。ヴェネツィアを舞台とした英語作品ですが、独特の雰囲気を持つ作品です。

同じくヴェネツィアを舞台としたHOTELのDVDも発売になります。この作品、かなり異色作のようで興味があったのですが、劇場公開時には観にいけなくてソフト化を待っていました。公開前に配給会社さんからいただいたプレス資料も、実際のホテルのパンフのような作りで、「凝っているなあ」と思ったことを覚えています。

他の作品はそれぞれ再発売で、「ミニミニ大作戦」は69年のオリジナルの方です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

25/02/05

《速報》 2005年のイタリア映画祭

毎年GWに開催されているイタリア映画祭。昨年の話では、イタリア側の組織に変更があったとかで、「来年(2005年)以降の開催はイタリア側次第」というような、ちょっと不安なコメントも聞かれました。

でも。

今年も開催されるようです \(^O^)/
ニュースソース:cinecitta.com

開催日程は4/29~5/4の予定だそうです。気になる上映作品は、

  • Gente di Roma (Ettore Scola)

  • Ballo a tre passi (Salvatore Mereu)

  • Dopo mezzanotte (Davide Ferrario)

  • Agata e la tempesta (Silvio Soldini)

  • Prendimi (e portami via) (Tonino Zangardi)

  • Ricordati di me (Gabriele Muccino)

  • Le conseguenze dell'amore (Paolo Sorrentino)

  • Le chiavi di casa (Gianni Amelio)

  • L'amore ritrovato (Carlo Mazzacurati)

  • Mi piace lavorare (Francesca Comencini)
  • ということです。今年はやっぱりスコーラが目玉かしら。常連のマッツェクラーティやムチーノ、ソルディーニの名前も見えるし、アッコルシの出演作もあるし、アカデミーのノミネートを逃したアメリオの作品もあります。コメンチーニ作品は昨年のあいち国際女性映画祭で上映された、ニコレッタ・ブラスキ出演作の「ママは負けない」ですよね。んーなかなかのラインナップ。


    Asahi.comのほうはまだニュースにすらなっていませんが、各作品の情報など、追々アップしていきます。

    Continua a leggere "《速報》 2005年のイタリア映画祭"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    23/02/05

    掲示板を探しています。

    CinemaItalia開始以来、掲示板はレンタルのものを使っていたんですけれど、今後どうしようか考えていたりします。

    このBlogにもコメントやトラバできるので、掲示板そのものをなくすことも考えましたが、ちょっと不都合もあるので、レンタルをやめてCGIで掲示板を設置することになると思います。


    というのも、いくつか理由がありまして。


    Continua a leggere "掲示板を探しています。"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    21/02/05

    ゲーム化?!----ゴッドファーザー

    シチリア系マフィアを描いた映画、『ゴッドファーザー』がゲーム化されるそうです。

    米ゲームソフト大手エレクトロニック・アーツは10日、ハリウッド映画の名作「ゴッドファーザー」を題材にしたコンピューターゲームを今年秋に欧米で発売すると発表……(略)……映画を題材にしたゲームの人気はいまひとつで、同社は知名度の高い「ゴッドファーザー」に市場開拓の期待をかけている。日本での発売時期は未定。ゲームは、一介の泥棒がさまざまな戦いを繰り広げながらマフィア界でのし上がっていく内容。

    ソース:Yahooニュース

    「発売時期は未定」とあるので、日本発売自体は予定されているということでしょうか? 内容からすると、バイオハザードのようなシューティング系のゲームになるのかな??

    興味深いのは、ヴィト・コルレオーネを演じたマーロン・ブランドが、このゲーム化に理解を示し、ゲーム中のヴィト役の声優を自ら務めているということ。トム役のロバート・デュバルとソニー役のジェームズ・カーンも出演したそうなので、他にも主要キャストが出演しているのではないかと思います。

    トレイラーもありました。キャラクターの動きが結構ぎこちなく感じますが……。ダウンロードはこちらか、こちらからどうぞ。


    Continua a leggere "ゲーム化?!----ゴッドファーザー"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    17/02/05

    メディチ家のワイン

    giovanni-vino先週末、1枚のハガキが届きました。見覚えのないショップの名前なんで、何かと思えば、昨年秋に観た「ジョヴァンニ」の劇場でプレゼントに応募した人に送られているのだそうです。なるほど、それでメディチなのか。ハガキは、「カルミニャーノリセルヴァ・メディチェア」というワインの試飲サービスのお知らせでした。(プレゼントは外れたってことね)

    ショップの名前の「ティサネリーア銀座」って聞いたことなかったので検索してみると、サンタ・マリア・ノヴェッラのティールームなんだそう。場所はギンザコマツの3Fで、このギンザコマツには薬局の方も入っているらしいです。・・・・・・・・銀座に出店しているのは知っていたけれど、詳しい所在地を初めて知った私。

    試飲サービスに行って、試飲してそれだけで帰るというわけにもいかないだろうと、あまり食指が動いていなかったのですが、ティールームならお茶などしてくればいいわけだし、だいたいサンタ・マリア・ノヴェッラがティールームという時点で、想像の域を超えてしまったので、なんだか好奇心がむくむくしてきているところだったりします(笑)

    Continua a leggere "メディチ家のワイン"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    16/02/05

    アカデミーノミネート発表--『Le chiavi di casa』は?(BlogPet)

    Rabinnaはアカデミーはノミネートするつもりだった。
    またリオで部門みたいな関連♪
    またRabinnaで作品っぽい発表するつもりだった。


    アカデミー賞の各部門のノミネート作品が発表されたようです。
    選にもれてしまったんです。
    そういえば、ジャンニ・アメリオの新作をエントリするとかしないとかいう話があったような……と、ありません。
    『Le chiavi di casa『Le chiavi di casa』の名前は外国語作品の5作品中に入っていないんですね。
    残念。
    これでまた、『Le chiavi di casa『Le chiavi di casa』は日本から一歩遠のいたようです。
    選にもれてしまったんです。
    そういえば、ジャンニ・アメリオの新作をエントリするとかしないとかいう話があったような気がします。
    (涙)関連記事ヴェネツィア映画祭参加作品:Le chiavi di casa『Le chiavi di casa』31カ国で上映?!


    *このエントリは、BlogPetの「Rabinna」が書きました。

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    13/02/05

    フリーになると危ないらしい

    先日、CinemaItaliaからリンクしていたサイトをひとつ削除しました。そのサイトが近い将来ドメイン切れになるのは知っていたので、思い立って確認してみると、すでに切れていたのでリンクを削除することにしたのです。

    ドメイン切れといえば、以前、「気まぐれ」で書いていたコラムもどきのつぶやきで、Falso MilaneseやTHX Movieの話をしましたが、同じようなことがわりと公的な団体が使用していたドメインに対しても行われていたことを知りました。

    Continua a leggere "フリーになると危ないらしい"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    12/02/05

    トップページから逆アクセスランキングを外しました。

    このブログではなくCinemaItaliaの方の話。

    数ヶ月前から、トップページにCinemaItaliaへアクセスしてくださるリンク元サイトに、ささやかな感謝のつもりで逆アクセスランキングを掲載していましたが、今月からやめることにしました。

    理由は、よくない噂を聞いたので(笑)。

    Continua a leggere "トップページから逆アクセスランキングを外しました。"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    08/02/05

    「聖人を巡るイタリア」--Esquire(エスクァイア)3月号(BlogPet)

    きょうcinemaitaliaで、ひまに投票した。
    きょう、cinemaitaliaが投票したかったみたい。
    cinemaitaliaは、

    Esquire(エスクァイア)日本版03月号[雑誌]「本を読みながら」

    といってました。

    *このエントリは、BlogPetの「Rabinna」が書きました。

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    04/02/05

    投票:おいしいイタリア映画は?

    さて今月は(って、すでに投票開始しているのですが)、「おいしいイタリア映画」がテーマです。食の国・イタリアのおいしそうな食べ物や食事のシーンなど、印象に残っている作品を教えてください。例によって、イタリアロケであれば、製作国は問いません。

    おいしいイタリア映画は?

    前回から、レンタルCGIをやめて、自前で設置しているのですが、不具合はありませんか?なにかあれば、掲示板か、このエントリにコメントしてください。

    なお、複数項目への投票はできるように設定してあるのですが、連続投票防止の設定もしているので、続けていろいろ投票することはできません。途中に別の方からの投票が数票あれば、連続とみなされませんので、いくつか投票したい場合は、時間をおいて投票してくださると嬉しいです。

    Continua a leggere "投票:おいしいイタリア映画は?"

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    01/02/05

    アカデミーノミネート発表--『Le chiavi di casa』は?(BlogPet)

    きのう、ひまみたいなblogしたいなぁ。
    cinemaitaliaは、

    アカデミー賞の各部門のノミネート作品が発表されたようです。
    そういえば、ジャンニ・

    といってました。

    *このエントリは、BlogPetの「Rabinna」が書きました。

    | | Commenti (0) | TrackBack (0)

    「聖人を巡るイタリア」--Esquire(エスクァイア)3月号

    Esquire (エスクァイア) 日本版 03月号 [雑誌]
    Esquire (エスクァイア) 日本版 03月号 [雑誌]

    本を読みながら」でこの特集のことを知り、さっそく買ってきました。「聖人を巡るイタリア」です。表紙にはヴェネツィア、フィレンツェ、ローマと都市名が書かれていますが、写真は間違いなく聖フランチェスコ。中を読み進むと、アッシジやスビアコ、シエナ、ルッカなども簡単に取り上げられています。

    イタリアというか、キリスト教文化圏では多かれ少なかれ同じようなものなのでしょうが、彼の地で教会や広場の名前や、美術品などに聖人の名前を見つけるのは難しいことではありません。むしろ溢れかえっているぐらい(笑)

    そうなると、それらの聖人に関するエピソードなどを知っておくと、イタリアに対する理解がより深まるものです。この「Esquire 3月号」では、日常に名を残す聖人たちに着目して、そのエピソードとともに、イタリアの側面が書かれています。

    また、記事中には『フランチェスコ』『ブラザーサン シスタームーン』『聖なる酔っぱらいの伝説』『ハンニバル』など、関連のあるイタリア映画(または映画化されたイタリア関連の文学)も話題になっています。

    Continua a leggere "「聖人を巡るイタリア」--Esquire(エスクァイア)3月号"

    | | Commenti (6) | TrackBack (3)

    « gennaio 2005 | Principale | marzo 2005 »