« ヴェネツィア映画祭参加作品:Ovunque sei | Principale | ペッピーノの百歩  / I cento passi »

18/08/04

ヴェネツィア映画祭参加作品:Le chiavi di casa/家の鍵

2005-chiaviLe chiavi di casa
監督:ジャンニ・アメリオ
撮影:ルカ・ビガッツィ
原作:ジュゼッペ ・ポンティッジャ
キャスト:キム・ロッシ・スチュワート、シャーロット・ランプリング

障害のある息子と自分たちなりの関係を築こうとした父親の問題、苦悩、恐怖、希望についての映画。
原作は、自身の体験を記したジュゼッペ ・ポンティッジャの 「明日、生まれ変わる(Nati Due Volte)」 。

レビュー:家の鍵

参考:TAMTAM
   見てから読む?映画の原作

オフィシャルサイト(フランス語)

------------------------------------------------------
ヴェネツィア出品作です。またしても撮影はルカ・ビガッツィ。彼の撮る映像は美しいことで定評がありますが、コンペ外も含め、ヴェネツィア出品作3本とは、人気者。でも、他にはほとんど撮ってないようなので、監督/製作側が力を入れたい作品にビガッツィを呼んでくるのかしら? イタリア語作品ですが、ロケ地はドイツらしい。

原作の「明日、生まれ変わる」は、翻訳も出ているようです。

わりと、日本の映画業界が公開したがるタイプの作品じゃないかと思いますが、どうでしょ? あるいは、テレビドラマに翻案されたり。

明日、生まれ変わる
ジュゼッペ ポンティッジャ, Giuseppe Pontiggia, 武田 秀一


Amazonで詳しく見る by g-tools


関連記事
ヴェネツィア映画祭-コンペ参加作品
『Le chiavi di casa』31カ国で上映?!
アカデミーノミネート発表--『Le chiavi di casa』は?

------------------------------------------------------
イタリア映画祭2005で上映予定です。

------------------------------------------------------
2006年1月10日 追記
4/8 一般公開決定です。

参考:オフィシャルサイト

|

« ヴェネツィア映画祭参加作品:Ovunque sei | Principale | ペッピーノの百歩  / I cento passi »

「イタリア映画-作品」カテゴリの記事

Commenti

はじめましてTBさせていただきました!いつも楽しみに読んでいます。
さて、家の鍵の原作はまだ読んでないんですけど、挑戦したいと思います。

Scritto da: マヤ | 20/11/05 a 13:22

マヤ さん、はじめまして。
TB、コメントありがとうございます。そして、お返事が遅れまして申しわけありませんm(__)m

「家の鍵」、結構重い作品だったので、原作には手が伸びずにいます。(ノンフィクションだと、さらに読んでいてつらいですからね)マヤさん、お読みになったら、エントリして、ぜひまたTBしてくださいね。

Blog拝見しました。イタリア映画に特化したブログなのですね!わーい、仲間だあ、と思いさっそくBlog Peopleに入れさせていただきました(^^)

Scritto da: きみち | 05/12/05 a 12:45

きみちさんにブログピープルに加えていただけるとは光栄です!!
ありがとうございます。
是非私からもリンクさせてください。

Scritto da: マヤ | 05/12/05 a 16:59

マヤさん、リンクはご自由にしていただいて構いません。(もちろん、リンクしていただければ、飛び上がって喜びます (^^)v )

ちなみに、Blog PeopleやMy Blog Listを利用すると、更新が通知されるので便利ですよ。ご参考まで。

Scritto da: きみち | 07/12/05 a 02:23

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/1217407

Di seguito i weblog con link a ヴェネツィア映画祭参加作品:Le chiavi di casa/家の鍵:

» イタリア映画祭2005「家の鍵」 [That's the Way Life Goes]
[:映画:] 「イタリア映画祭2005」というのを有楽町マリオンの朝日ホールでやっている。 この映画祭、今年で5回目だそうですが、実は全然知らなかった。 今年は偶然新聞で見かけて、行ってみた。  映画祭ってこんなのなんでしょうかね? 映画館でやってないせいもあって会場が地味で「祭」って雰囲気はないです。 でもとっても大盛況で、私が観た回は満席でした。 システムとしては、私は先にチケットを上映日時指定で購入してあって、当日9:30から入場整理券が配布される。 私は1時からの上映作品で11:50... [Continua a leggere]

Registrato in data 03/05/05 a 23:45

» 家の鍵 - The key to the house [Perfect Kiss]
原題 Le Chiavi di casa イタリアのベテラン監督、Gianni Amelioによる身体障害者の息子と親の関係を描いた作品。ジャンニは生まれて以来ある事情から一度も顔をあわせたことのなかった息子、パオロを迎えに来る。パオロは生まれつき障害があり、知育の発達と歩行に問題が... [Continua a leggere]

Registrato in data 29/07/05 a 04:30

» 家の鍵 Le chiavi di casa [私のイタリア映画紀行]
『家の鍵』Le chiavi di casa 監督:ジャンニ・アメリオ 2005年イタリア映画祭で上映された本作は、2006年新春岩波ホール公開です。 あらすじ ジャンニ(キム・ロッシ・スチュワート)は、若い時に付き合っていた恋人との間に子どもができるが、難産で恋人は死んでしまい..... [Continua a leggere]

Registrato in data 20/11/05 a 13:19

» 家の鍵 Le Chiavi di Casa [amore spacey]
私のお気に入り度 ★★★★☆(82点) 心の状態がよくないと、この作品を観ることができないだろうなぁと思いつつ、今日になってしまった。CGや特殊効果のある映像を見慣れた目には、ルカ・ビガッツィの撮影が非常に心優しく感じられた。キムがインタビューでも語るように、役者の動きを長いスタンスで撮影している。役者の一瞬の心の動きをも取り逃がさないかのように。 バスを待つ2人。重度の障害を持つ二十歳の娘の母親(シャーロット・ランプリング)と、15年の空白を経て障害のある息子に会うことを決心した父... [Continua a leggere]

Registrato in data 25/01/06 a 01:56

« ヴェネツィア映画祭参加作品:Ovunque sei | Principale | ペッピーノの百歩  / I cento passi »