« 「店の名はライフ」 | Principale | 調べもの »

04/07/04

「23分間の奇跡」

時計の針は9時2分前をさしていた。
彼女は僕に一冊の本を手渡した。

何これ?って。何かおもしろい本はないかって言うから、私のお薦めの一冊を持って来たの。読んでみてよ、すぐ読み終わるし、ほんとに20分あればいいくらい。そうねえ、うーん、ひとことで言うのは難しいけれど、「怖い話」かな。あっ、でもホラーとか怪奇小説じゃないんだけど。

怖い話は好きだけど……ホラーじゃなくて怖い? それって一体どういう……。

アルフォンス・ドーデの「最後の授業」って知ってるでしょ。フランスのアルザス・ロレーヌ地方がドイツに占領されて、フランス語の授業ができなくなるっていう。あのお話の続きっていう感じで、占領された直後の学校がこの話の舞台なの。二つの作品はまったく別のものなんだけれど、時代とか場面とか、なんとなく「最後の授業」から続いている感じなの。

それのどこが怖いのさ?

だからね、占領後に来た新しい先生が、子どもたちの心理をコントロールしていくの。その過程がね、なんていうか、こう、うまいのよね。コントロールされる側には、全然気づかれないし。でもこれって別に教室の中だけで起こることじゃないでしょ? 同じようなことが、大人に対しても、普通の社会の中でも起こり得ることなんじゃないかと思うと、なんかこうゾッとしない?

うーーん。

でも、これ以上話すと読むとこなくなっちゃうから。後は読んでみて。

それだけ言うと、彼女は本を残して立ち去った。
僕は腕時計をちらと見た。9時23分だった。

23分間の奇跡」 The Children's Story....but not just for children
ジェームズ・クラベル著 青島幸男 訳

※ CinemaItalia に 2001/10/28 に掲載した記事の再掲です。

|

« 「店の名はライフ」 | Principale | 調べもの »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)


I commenti sono moderati e non appariranno su questo weblog fino a quando l'autore non li avrà  approvati.



TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45028/1054144

Di seguito i weblog con link a 「23分間の奇跡」:

« 「店の名はライフ」 | Principale | 調べもの »